2009年08月16日

アメリカ系イスラエル人の告発:エルサレム米国領事館のウェブサイトの露骨なイスラエル無視

2009年08月13日木曜日、5 Towns Jewish Times

 The American Israeli Action Coalition (AIAC)は、最近、エルサレム米国領事館の公式ウェブサイトがJudenrein(いかなるユダヤ人存在からも免れている)と非難した。AIACは、イスラエル、あるいはイスラエル人に関する内容はウェブサイトに存在せず、ウェブサイトの内容のすべてがガザと西岸のパレスチナ人に関するものだけと、調査が明らかにしたと明言した。この告発は、最近発行のエルサレム・ポストに、4番目に大きい、目立つ広告で掲載された。
(後略、翻訳の情熱は皆無)

全文:5 Towns Jewish Times

 米国を含む国際社会は、エルサレムを首都とするイスラエルの主張を承認していないから、通常は「首都」におかれる大使館をテルアヴィヴにおいている。だから領事館を被占領「東エルサレム」におくのは、必ずしもイスラエルとの関係を意味しない。そんなこと、考えたら判りそうなものだ。
 米国領事館ウェッブサイト記事(米国領事館:イスラエルが「PA専用」ヴィザを発行)のついでの掲載。


posted by mizya at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック