2009年08月17日

西岸はガザのように包囲されるか?

2009年08月16日、Middle East Online

イスラエルは、外国パスポート保有の誰にも、パレスチナ西岸から/への移動を禁じ始める。
ジョナサン・クック - エルサレム

イスラエルの新規則は西岸からの旅を抑止

 ガザで、既に堅固な制限の反響に、イスラエルは、人道支援組織と何千人ものパレスチナ住民を含む、外国パスポートを保有する誰に対しても、イスラエル・西岸間の移動の制限を始めた。
 この新しい政策は、外国市民に、イスラエルが不法に併合した東エルサレムを含むイスラエルを訪問するのか、西岸を訪問するのか選ぶよう強いるため立案された。殆どの場合、2つの領域間の旅はもう可能でないだろう。

全文:Middle East Online

関連記事:「『パレスチナ地域専用』ヴィザに激怒の訪問者」The MidEast News Source

アーカイヴ:米国領事館:イスラエルが「PA専用」ヴィザを発行(08月16日)

 つまり、エルサレムに行くなら、ベツレヘムにもラマッラにも行けず、ビリンのデモにも行けない。ラマッラに行くなら、ベツレヘムには行けるけれどエルサレムやマアレ・アドミム入植地をかすめないよう大回りしなければならない。パスポートをなくしてもテルアヴィヴの日本大使館には行けない。


posted by mizya at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック