2009年08月22日

ムスリム当局:管理の支配権を奪うよう命じられてアル・アクサーの錠前を破壊するイスラエル人らに言及

2009年08月19日、エルサレム、PNN
Maisa Abu Ghazaleh

 イスラエル警察が、東エルサレム旧市街のアル・アクサー・モスクの門のひとつの錠前を破壊した。

 入植者と軍の両方によるイスラエルの襲撃数は、ラマダーン月の間、しばしば増える。火曜日の事件は、イスラエル警察が本来の錠前を、彼らが鍵を持つの別のに変えようとするのを防止した、ムスリム聖地のガードの面前で起こった。
 水曜日、モスクのガードのひとりは、前日仕事中、イスラエル警察官らが金属カッターを使って扉の錠前を壊し、彼らの錠前と変えるのを見たと語った。彼は、Department of Religious Affairs(宗教局)、ワクフに知らせた。
 ワクフ理事、シェイフ・アザム・アル・ハティーブが、またたく間に到着して、イスラエル人らが、丁度壊し終えた錠前を、彼らのものに変えるのを防いだ。正午の礼拝が終わったばかりで、多くの礼拝者もまた集まった。

全文:Palestine News Network

アーカイヴ:極右イスラエルグループがアルアクサー複合施設に入る(07月23日)


posted by mizya at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック