2009年08月23日

東エルサレム追い立てで代表団:ことばだけでは足りない

2009年08月22日、エルサレム、Ma’an

 国際社会は「イスラエルへのすべての軍事援助と西岸の入植地への投資を中断」しなければならないと、元EU議会副大統領、Luisa Morgantiniは、金曜日、追い立てられた東エルサレムのパレスチナ人の家の外で語った。
「入植を停止するよう要請するだけでは、十分ではない。国際社会が具体的な行動を取る必要がある」と、彼女は語った。

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:パレスチナ人・イスラエル左派がシェイフ・ジャッラで抗議行動(08月20日)


posted by mizya at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。