2009年08月24日

米国:西岸のアメリカ旅行者へのイスラエル制限を非難

2009年08月19日、Haaretz
Barak Ravid, Amira Hass and Natasha Mozgovaya

 合衆国は、アレンビー橋を通って西岸に入る外国人に課された新たなイスラエルの制限を、「容認しがたい」として厳しく非難した。制限に関する報道は、先週、Haaretzに掲載された。

 今週始め、テルアヴィヴの米国大使館高官は、橋で、保持する人にパレスチナ自治政府領域のみという、支配的制限のスタンプを押されたパスポートに対する新たな手続きの明確化のために、外務省領事部の長、Yigal Tzarfatiに会った。
 米国のメッセージは、そのような手続きは、パレスチナ自治政府領域を訪ねる米国市民に有害というものだった。エルサレムでの会談で、米国外交官はTzarfatiに、制限の理由を訊ね、前日の国務省により発表された声明は、「合衆国は、彼らの出自あるいは市民権にかかわらず、すべてのアメリカ市民が等しく扱われるよう期待する」と述べた。
 声明は「わたしたちは、イスラエル政府に、これらの制限がパレスチナ人とアラブ系アメリカ人旅行者に不当な影響を与えるもので、容認できないと知らせた」とも述べた。

 批判的な公式声明に加え、8月14日、米国国務省は、イスラエルと西岸へのアメリカ旅行者の、アレンビー橋での新たな手続きへの注意を喚起する、イスラエルとパレスチナ自治政府領域への旅行情報を更新した。
(後略:パレスチナに旅する人は原文で続きを!)

全文:HAARETZ.com

アーカイヴ:西岸はガザのように包囲されるか?(08月17日)



posted by mizya at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。