2009年08月25日

スウェーデンユダヤ人:イスラエル軍の臓器採取をイスラエルが舞台中央に持ち出した

2009年08月24日、ベルリン、Haaretz
Assaf Uni

 スウェーデンのOfficial Council of Jewish Communities会長、Lena Posnerは、日曜日、スウェーデンが公式に、イスラエル防衛軍のパレスチナ人臓器採取告発の記事を非難せよとの、イスラエルの要求が、「問題の均衡を完全に吹き飛ばした」と語った。
「それがAftonbladetの最終頁に埋められたとき、だれも - ついでながら、反ユダヤ主義的で完全に不正確な - その記事に気づいていなかった」と、Posnerは説明した。「しかし、イスラエルの反応が、それを書いた記者、Daniel Bostromを舞台全面に、そしてスウェーデン主流派の中心に押し出した」。

全文:HAARETZ.com

関連ヴィデオ:「イスラエルとユダヤ系アメリカ臓器商人に繋がりある?」The Vineyard of the Saker



 確か、このヴィデオの事件から、これも確かCIAだったと思うが、いずれにしろアメリカが、イスラエル警察にアヴィグドール・リーバーマンの捜査を要請、アーカイヴの記事「リーバーマン告発」に至った。だから「繋がり」なしとは言えない。
 パレスチナ側からは「臓器採取」が事実無根なら、第三者機関(イスラエルの「調査」は信用されていない)に調査を依頼すべし、の声が上がっている。
 確かに、Aftonbladet紙に対するイスラエルの激しい反応がなかったなら、「臓器採取」がこれほど取り上げられることはなかった。

アーカイヴ:リーバーマン告発(08月07日)

posted by mizya at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック