2009年08月26日

西岸旅行者:イスラエルをも訪問するならヴィザ入手可能

2009年08月24日、Haaretz
アミラ・ハス

 観光省高官からの内部メモによれば、内務省は先週、イスラエルとパレスチナ自治政府(領域)の両方を訪ねるつもりと申告する旅行者には、そのパスポートに通常のB2観光ヴィザがスタンプされ、パレスチナ自治政府領域のみにしか入らないつもりと申告する旅行者(移動の領域を自ら狭める旅行者がいるとは思えない)のパスポートには「パレスチナ自治政府専用」がスタンプされると、観光省に約束した。

全文:HAARETZ.com

アーカイヴ:ヴィザの新規制限でイスラエルに口論(08月19日)


posted by mizya at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。