2009年08月28日

米国が、入植地凍結から東エルサレム除外に同意

Barak Ravid
ベルリン

 オバマ政権は、差し迫る入植地凍結の交渉から、東エルサレムを除外するというイスラエルの要求に同意した。イスラエル官僚と西側外交官の両方によれば、米国中東特使、George Mitchellは、ベンヤミン・ネタニアフ首相が東エルサレムでの入植地凍結を発表できない事実を認めた。官僚は、米国が、そこ(東エルサレム)での新たな建設を是認しないが、エルサレムに関して公的発表を要請しないと、語った。

「玉虫色の決着」?

全文:HAARETZ.com

アーカイヴ:入植地に関するイスラエル大臣の発言:2題(08月11日)


posted by mizya at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。