2009年08月29日

『壁で囲まれた地平線』- 語り:ロジャー・ウォター

2009年08月26日

『壁で囲まれた地平線』は、音楽家として、また壁についての曲を書いたソングライターとして、パレスチナ領域の壁を訪ね、彼の観察を表明する、ロジャー・ウォター(ロックバンド、ピンクフロイドの創立メンバー)により語られ、主演する。映画は、都市の、そして田園地域のパレスチナ人が、壁のルートを違法とした2004年のInternational Court of Justices Advisory Opinion(国際司法裁判所見解)以来、いかに壁建設から影響を被るかを探る。何人かのイスラエル治安部隊上級職員が、映画中でインタヴューを受け、うち2人は、壁ルート計画に直接の責任があり、その建設のイスラエルのポジションを説明する。映画はエルサレムの国連により製作された。

Part 1

Part 2

アーカイヴ:ピンク・フロイドの代表が物語るイスラエルの壁の国連映画(08月22日)


posted by mizya at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。