2009年08月29日

キュレーターがガザ戦争に抗議してテルアヴィヴ・芸術ビエンナーレから撤退

2009年08月28日、Haaretz
Liora Kapla

 9月にイスラエルで開催される芸術ビエンナーレ(隔年開催)、ArtTLV計画に参加していた2人の外国人キュレーターが、イスラエルのカウンターパート(対応者/この場合、イスラエル主催者)が、イスラエルのガザでのCast Lead作戦を非難する記事の発表と「芸術と戦争」についてのシンポジウムの準備を拒絶した後、プロジェクトから手を引いた。

 2人のキュレーター、ロシアのViktor MisianとスロベニアのZdenka Badovinacは、2008年12月に始まったガザでの3週間の作戦の前にイスラエルを訪れた。
 2人が手を引いた後、キュレーションの責任は老練なイスラエル人キュレーター、Edna Moshensonと彼女の同僚、Maayan Sheleffに移された。
 主催者のひとり、テルアヴィヴの Sommer Contemporary Art galleryのIrit Sommerは、国際的コラボレーションの考えは当初からあったと語った。しかし、彼女は今週、MisianoとBadovinacの決定を理解していると語った。

全文:HAARETZ.com


posted by mizya at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。