2009年08月30日

米国:入植地は中東会談の前提条件でない

国務省報道官、P.J.クローリーは、米国の主要な目標は、イスラエル-パレスチナ交渉の再開であると語る;「彼らは自身で和平協定の輪郭を決定するだろう」と彼は付け加える。

2009年08月28日、AFP

 合衆国は金曜日、イスラエルへの入植地凍結の要請は、ユダヤ国家が強硬に拒否したので、中東和平交渉再開の前提条件でないと示唆した。
 バラク・オバマ大統領政権は、近しい米国同盟国との間に摩擦を引き起こす、西岸と東エルサレムでの入植地(建設)停止(を求める)姿勢を変えていないと主張した。

全文:Ynet news.com

関連記事:「ネタニアフ:『我々は入植地凍結に同意しなかった』」
2009年08月28日金曜日、IMEMC
Saed Bannoura

イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは木曜日、イスラエルが米国政府との会談で、入植地凍結に同意したとされることを否定した。彼の声明は、ドイツ首相、アンジェラ・メルケルが、入植地凍結は中東和平交渉再開に不可欠と語った後に、出された。

     「エジプト:イスラエルは会談前に東エルサレムでの建設を停止すべき」
2009年08月28日、Haaretz
Natasha Mozgovaya

 エジプト外務大臣は、中東和平交渉再開前に、東エルサレムがイスラエル入植活動凍結に含まれるべきと語る。
 Ahmed Aboul-Gheitは金曜日、エルサレムはアラブであり、「そしてそうあり続ける」と、ストックホルムで記者団に語った。
 彼は、アラブ世界はその領域がイスラエル入植地の停止に含まれると期待していると語った。オバマ政権は、イスラエルのすべての入植活動停止を、パレスチナとの和平交渉再開の条件とする主張の撤回を暗示した。

アーカイヴ:米国が、入植地凍結から東エルサレム除外に同意(08月28日)


posted by mizya at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。