2009年08月31日

米国がエジプトのガザ締め付けを手伝う

2009年08月27日、Tehran Times

米国軍事専門家は、エジプト治安担当官に綿密な計画を提示し、トンネル摘発のハイテク機器を贈与した。

 米当局者は、エジプト当局者に、議会がエジプトとガザの国境、13.5km(8.4マイル)の安全確保に5000万ドルの配分を承認したと語った。
 彼らは、議会により支持された計画が、国境での密輸を防ぐ米国贈与のハイテク装置の配備も後援すると付け加えた。
 米当局者は、会談が開催されたラファ国境地帯を訪問、エジプトにより摘発され、爆破されたトンネルを調査した。今までのところ、300以上のトンネルが摘発されている。
 当局者はまた、国境に沿って進行中の監視カメラと監視システム設置を視察して、ガザとの国境のトンネル破壊の努力をエジプトに感謝した。
 贈与の機材は、地下トンネルを検出でき、また離れていようと、いかなる地下活動も検出できる。

 パレスチナ選挙でのハマースの民主的勝利を受けた、イスラエルとエジプトによる、打撃を与えるガザ回廊の陸・海・空の封鎖の結果として、ガザの150万住民は、食糧や薬品といった必要不可欠な物資を入手する唯一の手段として、「不法」で危険なトンネルに依存せざるを得ない。

原文:Tehran Times

アーカイヴ:ノルウェー赤十字がガザ封鎖終結を要請(07月08日)


posted by mizya at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。