2009年09月01日

新たな「血の中傷」? イスラエルの臓器採取

2009年08月28-30日、Counter Punch
ALISON WEIR

 先週、スウェーデン最大の日刊紙が、衝撃的データ:イスラエルが何年もの間、パレスチナ囚人から同意なしで内臓を採取していたかもしれないことを示す証言と情況証拠を含む記事を掲載した。
 より悪いことに、記事で報じられた情報のいくつかは、この不気味な目的を念頭に、パレスチナ人が捕獲されたかもしれないいくつかの場合を示唆する。

 記事、「臓器のために略奪された息子たち」に、ベテラン記者、Donald Bostromは、パレスチナ人が「国家臓器蓄えとして機能させるため、青年を逮捕し、彼らを(刑務所に)維持していると、イスラエルに強い疑惑を抱く」と書く。

 イスラエル軍当局と弁解者たちは即座にフル回転で、Bostromと新聞編集主幹の両方を「反ユダヤ主義」と呼んだ。イスラエル外務大臣は、伝えられるところでは「仰天」し、それを「血の中傷」と呼び、イスラエル官僚は、「憎悪のポルノ」と呼んだ。

 論評雑誌は、この話が「反イスラエル憎悪を蓄え、促進するヨーロッパの表現の単に氷山の一角」と書いた。 多くの人びとは、この記事を中世の「血の中傷」(ユダヤ人が宗教儀式で血液を使うため人びとを殺すという広く論駁された話)になぞらえた。 親パレスチナのライターの何人かさえ、批判に加わり、懐疑を表明した。

 実はしかしながら、公的・個人的臓器取引と窃盗の実体化された証拠とより悪い主張は、何年間も広く報告されてきた。
 以下に、このトピックに関する報告のいくつかの例を示す。
(後略:例は少なくなく長いので原文で確認を)

全文:Counter Punch

 ちなみに、親パレスチナのライターのひとり、ギディオン・レヴィのHaaretz掲載記事:
「臓器採取のスウェーデン記事は安っぽくジャーナリズムを害する」HAARETZ.com

 ギディオン・レヴィは、証拠のない「うわさ話」でなく、もっと確固たる証拠のある問題が存在すると主張する。しかし、調査だけ、公開しないと約束する赤十字さえ拒絶するイスラエルの拷問センターの存在、返らない遺体が疑惑を増幅する。記事を非難するより、そのような疑惑を払拭できないイスラエルの占領政策を非難することもできたと思う。

アーカイヴ:スウェーデン日刊紙が「イスラエル軍臓器採取」の第2弾発表(08月24日)


posted by mizya at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。