2009年09月03日

イスラエル文部大臣、アラブ教科書から「Nakba」を削除

2009年08月31日、Al-ManarTV

 イスラエルのアラブ権利擁護団体は、日曜日、イスラエル文部大臣Gideon Sa'arの、アラビア語で「破局」を意味し、アラブ人がシオニストの実体構造を描写するの使う言葉、「Nakba」が、火曜日に始まる新学期の教科書から削除されるだろうとの発表に断固として応答した。
(中略)

 Legal Center for Arab Minority Rights、Adalahの弁護士、Sawsan Zaherは、Sa'arの決定は国際法に反すると語った。「この禁止は、アラブの教育システムに対する、文部省により運用される支配継続の一部である」とZaherは語った。
「文部省は、アラブの教育システムに厳しい管理を実施し、カリキュラム、予算、任命を支配する」と彼女は続けた。「アラブ学生がNakbaを学ぶことの禁止は、不法であり、国家が、少数民族に自身の歴史、文化、伝統を学び、学問することができるよう義務づける国際法に反する」。

全文:Al-ManarTV


posted by mizya at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。