2009年09月03日

ニッポンのオバマはイスラエルに圧力を加えるか?

2009年08月31日
Ben-Ami Shillony

 昨日のニッポンの選挙での、野党の圧勝の目下の帰結は、心理的なものになるだろう - 経済を強化できるという楽観主義の雰囲気を創出するだろう。 具体的な結果が続かない場合、そのような楽観主義は色褪せるだろう。

 鳩山由紀夫が代表の、勝利した民主党は、ニッポンを統治したことがない。中道左派として認知されるよう努めている。
(中略)

 アメリカの保護からの撤退はまた、イスラエルに対する、ニッポンの政策を変えるかもしれない。 今までニッポンは、アメリカの要求を踏まえ、パレスチナ人への経済支援を制限してきた。鳩山政権は、ハマースを認め、入植地建設の停止の呼びかけといった、イスラエルへのより厳しい要求をするなど、より親アラブの姿勢を取りそうだ。そのようなポジションは、いくつかのヨーロッパの政府によって取られるラインと同様で、必ずしも合衆国との対立につながるというものでもない。オバマ政権は、実際、喜んでいるかもしれない。
(後略)

全文:HAARETZ.com



posted by mizya at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。