2009年09月05日

入植者ら、西岸南部でパレスチナの土地に放火

2009年09月02日水曜日、IMEMC
Ghassan Bannoura

イスラエル入植者グループが水曜日、西岸南部、ヘブロン近くのパレスチナ人所有の土地に放火した。

 地元筋は、土地はヘブロンに近いサファ村の農夫による所有と語った。彼らはまた、火事はBeit Ein入植地に近づいたと付け加え、イスラエル軍が、入植地側の火事を止めたものの、パレスチナ側の火事は広がるにまかせたと、目撃者は報告した。
 村人は、彼らが火事を止めるため土地に到達するのを、兵士らが拒絶したが、国際平和活動家が来ると、村が火事を止めるのを許し、兵士らは立ち去ったとと語った。火災が土地の少なくとも1エイカーを損傷した付け加えた。

原文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:バットアイン入植者がパレスチナ農地に放火(07月13日)


posted by mizya at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。