2009年09月06日

司教はイスラエル軍がラジオを止めた後ベツレヘムの自由の声沈黙について語る

2009年09月02日、PNN
エルサレム

 パレスチナ・メディアに対するイスラエルの攻撃は、最近の、ラジオ・ベツレヘム2000の放送設備の没収など最も露骨な行為の1つで、気づかずにはいかない。イスラエル軍が再開するなら砲撃すると脅した後、放送局は、放送を止めたままだ。アタラ・ハンナ司教は、報道の自由に対するこの最新の暴力の後、ラジオ・ベツレヘム2000とすべてのパレスチナ・メディアへの連帯を表明した。彼は今日、「この悪辣な攻撃は、すべての真実を送ろうとする、アラブとパレスチナの自由メディアを害する目論みの占領政策に陥る」と語った。司教は水曜日のコメントで、「わたしたちはパレスチナ・メディアの追跡とその仕事の妨害を遺憾に思う。わたしたちは、ベツレヘムの中心で、純粋な国民的音、有意義な声の沈黙を強く非難する」と付け加えた。彼は「わたしたちは、自由の声を黙らせる目論見の政策に直面し、ラジオ・ベツレヘム2000への連帯を断言し、すべての役人、市民、メディアが共に立ち向かうことを要求する時点にいる」と語った。

原文:TMC net.com


posted by mizya at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。