2009年09月07日

イスラエル兵士ら、アルジャジーラ通信員に発砲

2009年09月04日、AlJazeeraEnglish

 イスラエル兵士らは、西岸の村を通り切り取るイスラエルの分離壁に対して反対するパレスチナ人に催涙弾を発砲した。
 兵士らはまた、ビリン村近くから実況報道していたアルジャジーラ通信員、ジャッキー・ローランドにも催涙弾を発砲した。

AlJazeeraEnglish

関連記事:「イスラエル軍:西岸の村、ニリーンでカメラマン2人に実弾」International Solidarity Movement

 メディアに対する攻撃は報道されたくないということ、つまりイスラエル兵たちも知っているのだ、自らに正当性はないと。


posted by mizya at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。