2009年09月08日

Radio Bethlehem 2000:イスラエルによる没収と継続する脅迫にもかかわらず放送再開

2009年09月03日、ベツレヘム/PNN

 イスラエル軍のベツレヘム・ラジオ2000攻撃後、放送局は、爆破するとの脅迫で放送しないよう強いられた。
 管理者たちが、イスラエルの襲撃にもかかわらず、放送を再開すると決めた今日までおよそ2週間、西岸中央の都市は、最も人気のある放送局を奪われていた。
 PNNに水曜日送られた声明で、ラジオ・ベツレヘム2000は、「9日前に、放送設備を没収したイスラエル占領軍により行われた海賊行為作戦は、パレスチナ自治政府との間に結ばれた協定に従っていない」と述べた。
 パレスチナ情報省は水曜朝、この問題で、イスラエル占領当局と会談を持った。イスラエルは、没収とラジオ・ベツレへム放送再開の場合は爆撃するとの脅迫のいかなる根拠提出も拒絶した。

全文:Palestine News Network

アーカイヴ:司教はイスラエル軍がラジオを止めた後ベツレヘムの自由の声沈黙について語る(09月06日)


posted by mizya at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。