2009年09月09日

カーター:「恐らく」1国家解決

2009年09月06日日曜日、ベツレヘム、Ma’an

 元米国大統領ジミー・カーターは日曜日、パレスチナ指導者らが、自決闘争に1国家解決を「真剣に考えている」と語った。
「わたしたちが会ったパレスチナ指導者の殆どが、ヨルダン川と地中海の間で、真剣に1国家の承認を考えている」と、カーターは、ワシントンポスト紙の特別解説記事に書いた。

全文:Ma'an News Agency

 入植地で寸断されパレスチナ国家を設立する余地が殆ど無い状況をつくってきたのは、イスラエル、イスラエルの入植地建設を擁護したイスラエル支持者たち、入植地建設を止める手だてを講じることができなかった国際社会、わたしたち... 今更、何が言えよう。


posted by mizya at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。