2009年09月09日

新入植地がヨルダン渓谷に建設

建設は、計画される凍結の前に、Gush Katif引揚者らのためを目論見、Maskiot入植地に20戸の住宅で始まる
 
Efrat Weiss
2009年09月06日、Ynet

 ヨルダン渓谷北部での新入植地建設の作業は、西岸とエルサレムでの建設凍結に関する国民的討論の最中、日曜日に始まった。
 建設の第一段階は、Shirat Hayam入植地からの引揚者のために目論まれた、20戸の住居完成を含む。
 新入植地、Maskiotは、80年代につくられたイスラエル軍の前哨基地だった場所である。2002年に放棄され、そこに多数の宗教的学生が住み始めた。

 2005年、イスラエルのガザからの離脱に続き、報告に、Gush Katifからの引揚者グループが、Maskiotを建設するため、その地域に移動すると書かれていた。
 2006年12月、国防相、Amir Peretzは、新入植地に100戸の住居建設を承認した。 承認は、国際社会の多くにより非難され、結局Peretzは、彼の決定を撤廃した。
 引揚者はしたがって、Maskiotが目論まれた地域のトレーラーハウスに据えられ、2008年、そこでの建設がもう一度、防衛相、エフード・バラクによって承認された。

全文:Ynet news.com

関連記事:「ネタニアフ:もっと建設して入植凍結」2009年09月07日、Palestine Monitor

増加する国際合意から離れ、別の行動で、イスラエル首相は、その多くが不法分離壁の東に、もう500戸の入植住宅建設の承認を決定した。これらユニットと既に承認された2500ユニットが(完成した)後、ビビ(ネタニアフ)によると、一時的入植地凍結は始まる。

     「大臣シャローム:入植地凍結は和平会談の部分に過ぎない」2009年09月06日、Ynet news.com

「仮に我々が今、パレスチナ国家や凍結を話すなら、実際の交渉で何を話すんだ?」とリクード・メンバーは語る。ダノン議員:我々は、パレスチナ国家は「ない」と言って選ばれたんだ。





posted by mizya at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。