2009年09月10日

アフリカ-イスラエルもまた捨てるようオスロに圧力

2009年09月08日、Haaretz
ニムロデ・アルペルン

 ノルウェーが、防衛電子装置会社、Elbit Systemsからの脱資を発表した1日後、人権組織は、オスロがアフリカ-イスラエルへの投資も脱脂するよう求めた。
 Elbit Systemsとのノルウェーの問題は、イスラエルとパレスチナ領土の分離フェンスをモニターする装置の提供にある。アフリカ-イスラエルとの人権組織の問題は、西岸入植地での住居建設における子会社、Danya Cebusの役割であると、Adnkronos Internationalのウェブサイトは報じる。
 人権組織、Adalahは、Lev Levievにより率いられるアフリカ-イスラエル・グループが、領域での建設活動で国際法に違反していると主張する。
 ノルウェー中央銀行、Norges Bankの数字によると、ノルウェー政府は、アフリカ-イスラエル株、110万ドル分を所有する。
 Levievはまた最近、アフリカ-イスラエル・グループの主要な流動資産問題を発表後、圧力下に置かれた。
 イギリス慈善団体、Oxfamと国連基金ユニセフは、Levievからの寄付を拒絶した。 3月には、駐イスラエル英国大使館は、アフリカ-イスラエル所有のビルを賃貸しないと決めた。
 先月、アフリカ-イスラエル2番目の大株主である投資基金、Blackrockは、スカンジナビア基金からの圧力で、持ち株を一掃した。
 Blackrockは、決定が、西岸でのアフリカ-イスラエルの建設に続く圧力から生じたことを否定した。

原文:HAARETZ.com

アーカイヴ:ノルウェー基金:壁の仕事でイスラエル企業を追放(09月06日)


posted by mizya at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。