2009年09月10日

イスラエルのガザ天然資源レイプ その1:戦闘は実のところ何のためだったか

2009年09月08日火曜日、The Palestine Telegraph
SARAH PRICE
ガザ

Mari_B_Gas_Platform_near_Gaza.jpg

 戻って2000年、ガザ沿岸近くでガスが発見された。この不可欠な資源のかなりの部分が、ガザ海域に属す。イスラエルは当初から、発電所と産業の主要燃料として天然ガスに替える自身の意図で、全領域を欲すると決定した。
(あまりに長いので後略:画像のみ)

Blast_in_Gaza.jpg
 そしてイスラエル政府は、ガザ攻撃を決定した。

Maritme_International_Borders.gif
上の地図は、国連の国際海域境界を示すが、ガザ/パレスチナ海域への言及がない

Disputed_Borders.gif
 しかしながら国連が、論争の国際的境界が存在する(この地図が示すように)と認めながら、皮肉なことに、国連はなぜ上のすべての違反に何かしないのか、あるいはいわゆる論争中の国際境界と示さないのか?

 下の地図では、いくつかの天然ガス田が、12+12境界線(ガザに適用されるべき)、わたしが白で引いたガザ/イスラエルの論争の国境線の中かずれて位置し、赤い延長線は排他的経済水域である。
Offshore_Reserves.gif

全文:The Palestine Telegraph


posted by mizya at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。