2009年09月12日

イラクの「靴の投げる人」を待つ歓迎

2009年09月10日木曜日、BBC news

前米国大統領、ジョージ・W・ブッシュに靴を投げつけて投獄されたイラク人記者が、月曜日、不確実な未来に向け釈放される。

 獄中で9カ月を過ごしたMuntadar al-Zaidiの釈放は、アラブ世界を通して多くに祝われ、彼は英雄になった。
 彼は、お金、有利な仕事、結婚、そして政治的キャリアさえ提供されると報じられている。
 彼の兄弟は、公的ボイコットがZaidiのジャーナリズムへの復帰を止めるかもしれないと語る。

 al-Baghdadiya TVのリポーター、Zaidiは、2008年12月14日、イラク首相、Nouri al-Malikiとのテレビ放送された記者会見で、ブッシュに履き物を投げつけ、名声を放った。
 彼は、ブッシュを「犬」と呼び、アメリカ主導の侵攻以来、殺された、親を亡くした、未亡人となったイラク人からの「別れのキス」として靴を投げた。
 Zaidiは、攻撃のため3年の懲役となったが、上告で減刑された。

全文:BBC news

関連記事:「イラクの『靴の投げる人』:TVを降り活動に転身するかも」Google


posted by mizya at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。