2009年09月13日

イスラエル高等裁判所がパレスチナ弁護士の西岸禁止令是認

2009年09月10日、ベツレヘム、Ma’an

 パレスチナ弁護士、ジャミール・カマル・アル-ハティーブは、西岸入域を禁じられ続けるだろうと、イスラエル高等裁判所は判決で語り、占領地域のIsrael’s central District Coordination Office(DCO/イスラエル中央管区調整事務所)代表から判決が掲げられたと、Ma'arivは木曜日、報じた。

 アル-ハティーブは、現在はイスラエルのアラブの村に出自を持ち、「ハマースと仕事する」と告訴された。イスラエルのパレスチナ市民は、2000年の第2次インティファーダ当初から、特別許可なしで西岸に入るのを禁じられた。 過去2年間、イスラエルのパレスチナ市民の旅行制限はかなり緩められ、大部分がその領域の大都市に旅行できる。

 イスラエルのヘブライ語日刊紙、Ma'arivの報道によれば、アル-ハティーブは、判決は弁護士としての通常の仕事を制御するものと語り、権利を争い最高裁判所に上告した。彼に対するDCO役人による決定は、仕事の遂行を妨げると、彼は語った。

 裁判所は、ハマースのためのアル-ハティーブの仕事を立証するイスラエル諜報部(シャバクかシン・ベト)の証拠が、弁護士としての義務を超えていたと語った。裁判所は、諜報資料詳細の発表を拒否した。彼らは、2010年3月まで有効とするDCOの決定を支持して判決を下した。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。