2009年09月15日

米国NGO:違法入植地に資金供給

パレスチナ人権NGOは土曜日、米国大統領バラク・オバマに、被占領パレスチナ領域内の入植地を支援するアメリカのユダヤNGOを抑制するよう要請した

2009年09月12日土曜日、エルサレム(Ramattan)

 パレスチナ人権NGOは土曜日、米国大統領、バラク・オバマに、被占領パレスチナ領域内での入植地建設を支援するアメリカのユダヤNGOを抑止するよう要請した。

 Jerusalem Centre for Social and Economic Rights (JCSER/社会的・経済的権利のためのエルサレムセンター)は、今日、被占領地内の違法入植地に資金提供するいくつかのよく知られるアメリカの組織があると報告し、基金の一部は、エルサレムでのパレスチナ不動産強奪に使われていると付け加えた。
 JCSERは報告で、何百万ドルをも入植地に費やしたいくつかのNGOの名称に言及した。

 米国は過去に、組織がパレスチナ人「テロリスト」グループを支援していると主張し、いくつかのアメリカNGOを閉鎖した。

原文:RAMATTAN

アーカイヴ:米国グループが非課税の何百万かを東エルサレムの土地に注入(08月22日)


posted by mizya at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。