2009年09月18日

Democracy NOW!:トロント宣言でナオミ・クラインにインタヴュー

2009年09月14日、Democracy NOW!

占領に祝賀はない:1,500人の芸術家と作家が、テルアヴィヴにスポットを当てるトロント映画祭の決定に異議を申し立てる書簡に署名

 トロント国際映画祭への抗議行動は、芸術家と作家のグループが、テルアヴィヴにスポットを当てる映画祭の決定に対する抗議文に署名して、舞台中央に躍り出た。活動家は、TIFF(トロント国際映画祭)のスポットライトが、ガザに対する攻撃の後、また進行するパレスチナ領土の占領で、世界的イメージを好転させたいイスラエルの計略にハマったと語る。『トロント宣言:占領に祝賀はない』と呼ばれる書簡に、ジェーン・フォンダ、ヴィゴ・モーテンセン、ダニー・グローバー、ハリー・ベラフォンテを含む1,500人以上が署名した。わたしたちは、書簡作成を手伝った、ジャーナリストで作家のナオミ・クラインと話す。

番組映像とインタヴューのテクスト:Democracy NOW!


posted by mizya at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。