2009年09月18日

PCHR:イスラエル軍のパレスチナ・メディア襲撃1,019件

2009年09月16日、PIC、ガザ

 Palestinian center for human rights(PCHR/パレスチナ人権センター)は、イスラエル占領軍(IOF)が「報道を黙らせる」ため、パレスチナメディアとジャーナリストに対する何百もの攻撃を起こしてきたと語った。

 これに関する、火曜日に発表された12番目の報告書でセンターは、ガザでのイスラエル軍戦争を含む、2007年11月1日から2009年8月31日まで、237件の襲撃がこの領域を覆ったと語った。
 この期間にガザ回廊で、68件の発砲事件により、3人のジャーナリストが殺され、他の52人が負傷したと特筆した。

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。