2009年09月18日

国連調査団:ガザ攻撃の戦争犯罪

2009年09月16日、Democracy NOW!

国連調査は、ガザ攻撃の間犯された戦争犯罪で、イスラエルがパレスチナ民間人を「処罰し威嚇した」と認める

 国連調査団は、今年初めのガザに対する3週間の攻撃で、イスラエルが民間人を「処罰し威嚇した」と認め、イスラエル軍がジュネーブ条約の「由々しき侵害」を犯した有力な証拠に言及した。1,400人以上のパレスチナ人-そのほぼ1/3が女と子ども-が攻撃で殺された。わたしたちは、作家でイスラエル-パレスチナ学者のノーマン・フィンケルシュタインから分析を得る。

 この番組の中で、フィンケルシュタインはニューヨーク・タイムスのヘッドライン「ゴールドストーン報告書は両方の戦争犯罪を認める」を嗤う。報告書の9/10がイスラエルの戦争犯罪、ハマースの犯罪というのはロケット弾をイスラエルの民間人に向けて撃ったというもので1/10、分量が違うと。

番組映像とインタヴュー・テクスト:Democracy NOW!

関連記事:「ハマースとイスラエルの行為の手厳しい報告で国連が告発の圧力」guardian.co.uk(2009年09月15日火曜日)

     「国際法で脅かされるイスラエル」guardian.co.uk(2009年09月15日火曜日)
 イスラエルの司令官は休暇で予約する時慎重なほうがいい-ゴールドストーン報告は海外での彼らの起訴を示唆する

アーカイヴ:国連使節:ガザの戦争証言生放送(06月28日)


posted by mizya at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。