2009年09月21日

米国キャンペーン全国組織者会議成功--メディアのスポットライトを浴びて!

2009年09月17日木曜日

 わたしたちは、成功利に終わった会議の後、シカゴから戻った! わたしたちの第8回全国組織者会議をそのような大成功に導いたみなさんに感謝。

 わたしたちはまだ、会議から追跡調査が必要なすべてを分類している。 わたしたちは、この数日以内に、利用可能な詳細な会議報告書を作るつもりだ。その間に、米国のBDS事業に、学術的・文化的ボイコットの原理を採択するため、会費を納めるメンバー・グループが投票した後殊更、わたしたちのボイコット・ダイベストメント(脱資)・制裁措置事業は、多くのメディア報道を得てきているが。2005年以来、イスラエル占領終決米国キャンペーンは、パレスチナ市民社会のBDSへの呼びかけを支持し、2006年以来、反アパルトヘイト枠組みにBDS事業を置いてきた。わたしたちは、キャタピラーやモトローラが、イスラエルの占領とアパルトヘイトとの共犯関係を終わらせるよう、圧力をかけてきた。今連合として、わたしたちは、BDS事業を、Ahava美の製品といったイスラエル商品のボイコット同様、学術的・文化的ボイコットの分野に広げていくことに合意した。

 米国キャンペーン助言委員会メンバー、Phyllis Bennis、パレスチナ弁護士、Diana Buttu(米国Campaignの2008年反アパルトヘイトを語る巡業での主要な講演者のひとり)、および、最近のLAタイムズ特別解説記事で、主流派米国新聞にBDS運動の輪郭を提出した、イスラエル学術界のNeve Gordonが、Laura FlandersのGRITtvで、BDSについて議論する :

全文とGRITtv映像:End the Occupation


posted by mizya at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。