2009年09月25日

スペイン:「占領地」のアリエル大学をボイコット

Solar Decathalonのスポンサー、スペイン政府は、最終競技からアリエル大学建築学科サマリア・センターを失格させた。「1万人の学生が、国際法に反する闘争で傷ついた」と大学は主張

Yaheli Moran Zelikovich
2009年09月22日、Ynet

 スペイン住宅相は、アリエル大学サマリア・センターを、太陽エネルギー使用で自足する住宅を設計・建築する、大学建築学科の国際コンペの最終競技から失格させた。

 Solar Decathlonのプロジェクト主事、Sergio Vegaは、大学への公式声明に「決定は、大学が西岸の占領地に位置する事実に基づき、スペイン政府によりなされた。スペイン政府は、この地理的領域に関し、EUと国連の枠組みでの国際的合意を支持すると表明する」と書いた。

全文:Ynet news.com

「国際法に反して」入植地に建設された大学でも、「国際法に反する」なんて言うのだ。


posted by mizya at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。