2009年09月28日

パレスチナ最初のBDS良心の囚人、ムハマド・オスマンの解放を!

2009年09月23日、Stop the Wall

 9月22日火曜日、パレスチナ人権活動家で非暴力市民社会Boycott, Divestment and Sanctions (BDS)キャンペーンの主唱者、ムハマド・オスマン(33歳)は、ヨルダンと被占領パレスチナの間の国境ターミナル、アレンビー検問所でイスラエル当局により逮捕された。彼は、逮捕された時、BDS促進(の講演をした)ノルウェーの旅から戻るところで、拘束されそして、次の火曜日に予定される軍事聴聞会が開催される刑務所に移された。

 ムハマドは、イスラエルの刑務所・拘置所に拘留されるおよそ1万1000人のパレスチナ人のひとりに過ぎないが、彼は、BDS提唱活動への返答に、イスラエルにより投獄された最初のパレスチナ人となった。世界中で勢いを増すBDSキャンペーンで、イスラエルへの、国際法遵守とパレスチナ人の権利尊重への圧力は強まってきている。それはBDSキャンペーンの有効性の壮観な上昇と、西側主流に於ける成功が、卓越した根気強いBDS活動家に対し、イスラエルがそのような過酷な措置を取るよう鼓舞したと見ていい。
(長いので後略:前後したが解放を求める署名活動の説明に取り急ぎ)

全文:Occupation magazine

アーカイヴ:ムハマドはどれほど捕われるか(09月27日)


posted by mizya at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。