2009年10月02日

イスラエルがパレスチナ自治政府にハーグでの戦争犯罪訴訟を止めるよう要求

2009年09月27日、Haaretz
Amos Harel and Avi Issacharoff

 イスラエルとパレスチナ自治政府間の緊張が、ラマッラの、ハーグの国際法廷への、ガザ回廊でのキャスト・リード作戦でイスラエル国防軍が犯したとされる「戦争犯罪」の主張の調査要請後、高まっている。問題は、イスラエル防衛指導部と西岸のカウンターパートとの安全保障体制間の関係に於いて、既に議論となっており、そして、パレスチナ自治政府官僚の行動に関する増加するイスラエル不平リストの一部である。

 その間、イスラエルは、パレスチナ自治政府に、西岸でふたつ目となる携帯電話プロバイダの事業認可 - パレスチナ自治政府指導部にとって死活的に重要な経済問題である - は、パレスチナが国際法廷への要求を取り下げることが条件と警告した。

 ふたつ目の携帯電話会社問題は、パレスチナ自治政府、国際カルテット、イスラエルの間での議題の中心で、数カ月にわたり進められてきている。現在の、唯一のプロバイダは、Pal-Telで、パレスチナ自治政府首相、Salam Fayyadは、西岸で民間インフラを増進する別の運搬人の導入が重要なステップとみなしている。プロジェクトは、ふたつ目のプロバイダとして供給が組まれた会社、Watanyaにとって中心であり、利益は相当大きいと見積もられている。しかしながら、仮にプロジェクトが10月15日までに承認されないなら、パレスチナ自治政府は、既に認可とインフラに投資された合計、3億ドルと見積もられる罰金支払いを強いられる。
(後略)

全文:HAARETZ.com


posted by mizya at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。