2009年10月02日

「わたしたちはイスラエル係官に対する訴訟を求め続ける」

イギリスでの、国防相、エフード・バラクを逮捕させようとしたイギリス人弁護士は、ガザ戦争にかかわったイスラエル係官の告訴の努力は手加減されないと語る

Hagit Klaiman
2009年09月30日、ロンドン

 イギリス当局が、ガザ戦争で犯したとされる戦争犯罪で、国防相、エフード・バラクを逮捕するよう、法廷申請を組織したAli Tayeb弁護士は、火曜日、イギリスに到着するいかなるイスラエル係官に対しても訴訟を追求し続けると語った。

 その前、ロンドン裁判所は、バラクは外交特権を持つので起訴できないと語り、申請を却下した。
 パキスタン系イギリス人、Tayebは、Michel Massiah弁護士が裁判所に提出した動議を準備した。彼は、イスラエル係官が「彼らに対し、わたしたちは追求の手を緩めないと知るべき」と、Ynetに語った。
(後略)

全文:Ynet news.com

「外交特権」など逮捕しない言い訳に過ぎない。

アーカイヴ:パレスチナ人はバラクの逮捕を求める(10月01日)


posted by mizya at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。