2009年10月08日

ゴールドストーン(報告)を葬る見返りにアッバスに何が約束されたか?

2009年10月06日火曜日、ベツレヘム、Ma’an

 国民は、マフムード・アッバス大統領の報じられた、ガザでの戦争犯罪に関するリチャード・ゴールドストーン報告の行動を遅らせる、米国圧力への服従に当惑し憤慨もしている。

 ジュネーヴ事件に関する多くの答えられていない疑問の1つは:彼は何を約束されたのか? イスラエルへのゴールドストーンの慎重に調査された告発を葬るよう納得させる何を、米国はアッバスに提示したのか?

 イスラエル人ジャーナリストが、火曜日に掲載された記事で、この疑問に答えようと試みている。
 イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフが、ここ6カ月以上も米国から圧力を受けていた自分を解放するため、パレスチナ大統領、マフムード・アッバスを倒そうと企んできた、と、イスラエル人ジャーナリストは、火曜日に発行の記事で主張した。
 ジャーナリストRan Adelistは、「先月のニューヨークでの三者会談で、米国大統領オバマ、イスラエル首相ネタニアフ、パレスチナ大統領アッバスは、右派連合をミスリードして、政治的解決を促進させると合意した」と、火曜日のヘブライ語ニュースサイトNana10で発表の記事に書く。
(後略:続きは原文で)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:(ゴールドストーン)報告でアッバスに辞任圧力(10月07日)


posted by mizya at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。