2009年10月10日

ヴォルヴォ:イスラエル入植者に武装バス供給

Adri Nieuwhof
2009年10月07日、The Electronic Intifada

 2007年のパレスチナ家屋破壊で、ヴォルヴォ装備の使用に関する、エレクトロニック・インティファーダにより発表された報告の後、ヴォルヴォ・グループは、装備のそのような目的の使用を赦していないと述べた。製品の使用を管理しないと主張し、ヴォルヴォは、管理規定が反倫理的行動を非難すると断言した。これらの主張にもかかわらず、エレクトロニック・インティファーダは、ヴォルヴォ・バス部門を通じ、ヴォルヴォ・グループが、占領下パレスチナ領域でイスラエル入植者輸送に武装バスを供給していると掴んだ。

 ヴォルヴォ・バスは、イスラエルの輸送技術会社、Merkavim Ltd.を共同所有する。会社のもうひとつの株主は、Mayer's Cars and Trucks、ヴォルヴォ・グループからの会社の排他的イスラエル代表だ。Merkavimのウェブサイトによると、会社は「中東の主要な車体製産者」としてヴォルヴォにより選ばれた。しかしながら、「占領から利益を得るのは誰か?」プロジェクトは、最近、Merkavimが、イスラエル国民輸送会社、Eggedのため、ヴォルヴォのMars Defenderバスの武装タイプを製造していると報告した。Eggedは、Mars Defenderを、占領下西岸の違法入植地のためのバス運行供給にMars Defenderを使用している。
(後略)

全文:The Electronic Intifada

 山形映画祭で今日は『されど、レバノン』と『ビラル』を観るつもり、『サーミア』を『されど、レバノン』監督のエリアーヌと、『ビラル』監督のソーラヴと一緒の観て、そのまま呑んで過ごしたから、行きがかり上...


posted by mizya at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。