2009年10月21日

パレスチナ代表団:アル-アクサー・モスク付近のイスラエルの発掘非難をユネスコに求める

2009年10月19日、エルサレム/PNN

 パレスチナは、国際連合教育科学文化機関に、アル-アクサー・モスク付近でのイスラエルの発掘を非難するよう求める。

 パレスチナ観光・遺物省の考古・文化遺産次官補佐、ハムダーン・タハ博士は、10月6日から23日まで続くユネスコ会議に出席する代表団を率いる。
 パレスチナ代表団は、ユネスコが、被占領東エルサレム文化遺産への、ことさら、アル-アクサー・モスク、アル-ムグラビ門、シルワン地域でのイスラエルの攻撃に対する非難を発表するよう、明確に求める。なされた追加的要請は、イスラエル当局が、エルサレムに入る権利と、国際的合法の決議に沿った(第一次中東戦争停戦)ラインに壁を移動すると確約するというもの。
 タハによって率いられたパレスチナ代表団は、月曜日、意見陳述した。

原文:Palestine News Network

アーカイヴ:東エルサレム道路崩壊:伝えられるところによるとイスラエルの発掘が原因(08月11日)


posted by mizya at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。