2009年10月21日

ワヒディ:イスラエル兵士ら、ガザへの戦争でパレスチナ人を生き埋め

2009年10月19日、ガザ、PIC

 パレスチナ人権活動家、ナシャアト・アル-ワヒディは、月曜日、昨12月末のガザ回廊へのイスラエルの軍事攻撃で、イスラエル占領軍(IOF)が、拘束した後計画的にパレスチナ人を殺し、他のものを生き埋めにしたと明らかにした。

 ワヒディは、イスラエル兵士らが、戦争期間、ガザの侵攻した地域に囚人として捕らえた後、多くのパレスチナ市民を粛正したと、報告で述べた。

 彼は、同月、ガザ東部、アル-ゼイトゥーン地区への侵攻で、イスラエル軍が、それが起こった時、負傷したが生きていた多くの民間人を、イハブ・マラカ、ワリード・アッザムや他と共に生き埋めにしたと、この犯罪が、ダウラ・アパートの西に居合わせた負傷した民間人に対して犯されたと特に言及した上で、付け加えた。

 活動家はまた、多くのパレスチナ民間人が、イスラエルの戦争で姿を消し、彼らの運命は、行方不明のパレスチナ人とイスラエルの秘密刑務所の記録の活性化を要するので、今までのところまだ知られていないと明かした。

原文(警告:掘り返して土の中から現れた少女の上半身の画像1枚を含む):The Palestinian Information Center


posted by mizya at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。