2009年10月25日

イスラエル・アカデミーの「保護者」

Benjamin Pogrund

 イスラエル・アカデミー会員は見られている。 自警団は、彼らが言うか書くものをチェックし - そして、彼らが「反イスラエル」と判断するなら、大学への寄付者を扇動し、それらに対する行動を教える。学生は、教官をスパイし、語ったことを報告するよう励まされる。

 左派アカデミー会員がターゲットだ。彼らは「イスラエル・アカデミック第5段」また「内なる災厄」として中傷される。彼らは「テロリスト」と呼ばれ「国事犯の背信」また「敵におべっかを使い、受け入れられる」ことを望むと非難される。

 自警団のひとつは、5年前にアメリカ生まれのダナ・バーネットによって始動されたIsrael Academia Monitor (IAM)だ。もうひとつは、組織者が誰なのか、また、やはり合衆国からのSeth J. Frantzmanにより書かれる多くの記事も明らかでない、IsraCampusである。
 攻撃の対象となってきた、ネゲヴ・ベングリオン大学(BGU)の政治・行政学部のデヴィッド・ニューマン教授は、警告する:「権利に対するアカデミックのマッカーシズムは、イスラエルの民主主義と社会を危険にさらす。言論の自由のまさしく基礎を脅かす」。
(後略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。