2009年10月28日

正義を頼めない獄中のパレスチナ人

2009年10月25日、The Palestine Monitor

ドイツ人ジャーナリスト、Christoph Schultが、占領下でイスラエルにより採用される行政拘留の実践を見る。

 何百人ものパレスチナ人が、イスラエルで、提出される告訴もなく、公正な裁判への権利もないまま獄中にいる。彼らの弁護士さえ、証拠を見ることができない。西洋のいくつかの政府は、懸念を表明したが、イスラエルは聞く耳を持たない。

 独房はたったの数平米で、窓はない。マットレスが床にあり;その隣に「トルコ風トイレ」とシニカルに呼ばれる、囚人の必要を満たす穴がある。モハメド・オスマンは、殆ど1カ月というもの、イスラエル北部のキション拘留センターに捕われている。しかし彼も彼の弁護士も、彼が何で告訴されているのか正確には知らない。オスマンは、行政拘留者 - ヘブライ語でMaazar Minhaliと呼ばれる - として監禁され、現在同様の立場にある335人ほどのパレスチナ人のひとりである。

人権組織、B'Tselemの報告によると、そのような行政拘留者の3分の1以上は6ヵ月以上、その3分の1は1年以上、獄中に捕われている。8パーセントは少なくとも2年間監禁されたままだ。イスラエル軍は、数を確認したが近年では減少していると強調する。
(後略)

全文:Relief Web

関連記事:「報告:裁判なしに拘留するイスラエル政策は違法」The Alternative Information Center

Israeli_prison.jpg
イスラエル刑務所の「セキュリティ」パレスチナ囚人

335人が裁判なしに、彼らのうち29人は2-5年継続的に捕われている

アーカイヴ:パレスチナ最初のBDS良心の囚人、ムハマド・オスマンの解放を!(09月28日)


posted by mizya at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。