2009年10月31日

国連:イスラエルにパレスチナ家屋破壊を停止するよう要請

2009年10月27日

 国際連合は今日、最大6万人が追い立て・破壊・排除の危険がありうると警告し、イスラエルが直ちに、東エルサレムのパレスチナ家屋からの追い立て強制と破壊を停止するよう要請した。

 イスラエル当局は、今日東エルサレムで、パレスチナ6家族 - 子ども10人を含む26人 - の家屋を破壊した。これは、今年初めから、被占領パレスチナ領域(oPt)で、強制的追い立て、あるいは家屋破壊により、排除された人数を600人とし、その半数は子どもたちである、と国連人道問題調整事務所(OCHA)は報告した。少なくとも、もう500人が、家屋か生計の部分的破壊で影響を被った。
(後略)

全文:UN News Center

AlJazeeraEnglish

アーカイヴ:東エルサレムのベイト・ハニーナで家屋破壊:所有者に手錠して(10月13日)


posted by mizya at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。