2009年11月02日

フォーク:ガザ報告はイスラエル閣僚を告発する

2009年10月30日金曜日

 国連人権高等弁務官は、ゴールドストーンのガザ報告が、国際法廷によるイスラエル閣僚の起訴への道を開くと語る。

 国連特別報告官、リチャード・フォークは、国際的正義規則を守る国々で、イスラエル閣僚が試される可能性について話した。
 最高国連事務官トップはしかしながら、合衆国は、国際刑事裁判所がイスラエル閣僚を被告席に座らせないよう影響を及ぼすためにベストを尽くすと予測した。

 イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは、一方で、国連人権高等弁務官がゴールドストーンのガザ報告を支持しないよう、また、採択に反対す彼のヨーロッパのカウンターパートへの説得の努力を惜しむよう要求した。彼の目論みはしかしながら、無駄と判明した。

 テルアヴィヴは、政治家や軍将校に対し、長らく封鎖されたガザ回廊へのイスラエルによる22日間攻撃中に犯された戦争犯罪で、告訴が提出されるかもしれないと懸念している。司法の標的になる閣僚高官には、エフード・オルマート前首相、ツィピ・リヴニ前外相、同様に、現国防相、エフード・バラクが含まれ得る。
(後略)

全文:PRESS TV

アーカイヴ:ゴールドストーンはガザ報告で米国に敢然と立ち向かう(10月26日)


posted by mizya at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。