2009年11月02日

エルサレムで、クリントンが「空前」のイスラエル入植地譲歩を歓迎

2009年11月01日、Haaretz
Barak Ravid and Avi Issacharoff

 イスラエルが、西岸の入植地建設で「空前」の譲歩をしたと、国務長官、ヒラリー・ロダム・クリントンは、土曜日、地域の和平会談を更新する最近の米国の努力で、イスラエルに到着した後に、語った。

 オバマ政権は当初、交渉の再開前にすべての入植地建設を停止するよう、イスラエルに要請していた。
 しかし、ベンヤミン・ネタニアフ首相との共同記者会見で、クリントンは、そのような前提条件があったことはないと語った。
「常にそれが交渉の問題となる」と、彼女は語った。「首相が提供したものは、彼が今説明した - 例えば新たな着手はないといった、入植地政策の抑制の詳細で、交渉の前の状況では空前のものである」。
(後略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「クリントン:中東和平会談再開に個人的値踏み」Long Island Press.com
2009年10月31日、AP通信、アブダビ、アラブ首長国連邦 (AP通信)

中東和平会談を蘇らせるという米国の望みは、土曜日、パレスチナ上級補佐官が、イスラエルがユダヤ入植地建設を止めないなら、パレスチナが交渉を再開することはありえない語った後、心もとない。

アーカイヴ:イスラエル-米国の入植地談合は「近い」(10月23日)


posted by mizya at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。