2009年11月03日

ワタニーヤ・パレスチナが西岸ネットワークを開始

2009年11月01日日曜日

* 会社はブレアから周波数を上げる誓約を得る
* 4万人のユーザとネットワーク着手

アリ・サワフタ
ラマッラ、西岸、11月01日(ロイター)

 ワタニーヤ・パレスチナは、イスラエルがまだネットワークで合意した最大限の周波数範囲を解放していないが、日曜日、西岸で携帯電話事業を開始したと、パレスチナ閣僚は語った。

 ワタニーヤ・パレスチナ委員会代表、モハマド・ムスタファは、昨年、イスラエルがパレスチナ自治政府と合意して署名した4.8MHzより少ない3.8MHzの周波数で、会社は事業を始めたと語った。
「彼らは可能な限り速やかに、追加の1MHzを渡すだろう」と、ムスタファはロイターに語り、中東和平特使、トニー・ブレアが、残りの周波数取得を会社に約束したと付け加えた。
 中東和平創設の国際カルテット特使、ブレアの報道官による、即座のコメントはなかった。

 イスラエルとパレスチナ間の論争は2年間以上も長引いている。占領者として、イスラエルは、250万人のパレスチナ人が住む西岸の電波をも支配する。
(後略)

全文:Reuters

アーカイヴ:イスラエルがパレスチナ自治政府にハーグでの戦争犯罪訴訟を止めるよう要求(10月02日)


posted by mizya at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。