2009年11月07日

人権グループがゴールドストーン報告破棄への骨折りを非難

Eli Clifton
2009年11月03日、The Electronic Intifada,

ワシントン(IPS) - 国際人権組織は、ホワイトハウスに、リチャード・ゴールドストーン判事の「ガザ戦闘の国連真実調査使節報告」の今後のいかなる是認や検討にも反対するよう要請する、米国下院で提案の拘束力ない決議に関する注意を喚起した。

全文:The Electronic Intifada

関連記事:「国連:ゴールドストーン報告を支持せよ」Human Rights Watch
総会がガザ戦闘権利違反の結論再審理
2009年11月03日、HRW

(ワシントン、DC) - 国際連合(国連)総会は、2009年11月4日の中東和平問題が討議される時、ガザ戦闘に関する国連真実調査使節団の報告を支持すべきであると、中東の人権問題に関わる1ダース以上の集団が、今日語った。

 集団は、総会が、イスラエルとハマースに、それぞれの軍により犯された、戦争犯罪を含む深刻な戦時国際法違反を調査する過程を監視する方法を確立する決議を可決するよう要請した。

アーカイヴ:連邦弁護士会がゴールドストーン勧告の緊急活動呼びかけ(11月05日)


posted by mizya at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。