2009年11月10日

ベルリンからパレスチナまで:どこであろうと、どれほど高かろうと、すべての壁は崩れ落ちる

2009年11月06日
Bil'in民衆委員会

 ベルリンの壁崩壊からの20周年は、この金曜日、西岸中での、イスラエルの壁と入植地の即時解体を求める、民衆デモで注目されるだろう。

 正確に20年前の1989年11月9日、人びとを隔てる壁が長くは続かないと世界に希望を吹き込む、ベルリンの壁は2日で砕け散った。今日、2倍高く5倍長い壁が、パレスチナ人をその土地から隔て、国際法を無遠慮に軽視して、西岸にイスラエルにより建設されている。
 イスラエルの壁を違法と断じた、そして撤去を要請した、2004年からの国際司法裁判所の勧告意見にもかかわらず、地上での顕著な変化は全くなかった。

 デモンストレーターは、壁自体に、ベルリンの壁は20年前に崩れ、ビリンの壁は今日崩れなければならない、と宣言する壁の模型を置いた。
(後略)

by haitham al katib

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:2人の住民が負傷する一方、ビリン抵抗運動家らは脱資でノルウェーに感謝(09月08日)


posted by mizya at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。