2009年11月11日

シオニスト組織:米国大使館移転努力を賞賛

2009年11月08日

ベツレヘム、Ma'an - アメリカ・シオニスト組織(ZOA)は、イスラエル米国大使館をテルアヴィヴに維持する大統領放棄(権)を取りあげる法律を提出する計画で、米国上院議員、Sam Brownbackを称賛した。

「米国大使館をエルサレムに移転させることによって、合衆国は、イスラエルへの大使館の位置を、世界のあらゆる他の国々の慣例に準拠するよう招来することにより、変則を正すだろう。(部分省略、冗漫で)」と、ZOA総裁、Morton Kleinは声明で述べた。
 しかしながら、大使館移転は、米国を、イスラエルとの関係を維持する世界のいかなる他の国との準拠にも招来しないだろう。1967年に一方的に占領し併合した、この都市に関するイスラエルの主張は、国際社会により、未だかつて承認されたことがない。

 親イスラエル圧力団体の圧力の下、米国議会は、1995年、大使館の、イスラエルが首都とするエルサレムへの移転を命じる「エルサレム大使館法」を圧倒的多数で通過させた。現在のところこの法律は、米国大統領に6ヵ月に一度、国家安全検討を召喚し執行を延ばす機会を与える。1995年以来、ビル・クリントン、ジョージ W. ブッシュ、バラク・オバマ歴代大統領は、6カ月毎に、この権利放棄の使用を行使してきた。
(後略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。