2009年11月11日

ゴールドストーンがガザ報告への「気乗りしない」米国の応答を批判

2009年11月08日
Barak Ravid、Haaretz

 ガザでの戦争犯罪でイスラエルとハマースを告発する国連調査を導いた判事、リチャード・ゴールドストーンは、合衆国の彼の調査結果への「気乗りしない」応答と彼が呼ぶものに、失望させられたと語った。
(中略)

「国際社会での反応は非常に複雑だったが、合衆国からのなまぬるい反応はわたしを失望させた」と、ゴールドストーンは、das Parlament、ドイツ下院議会、Bundestagによる発行の週刊政治新聞に語った。
「イスラエルからの反応が大変激烈だった事実は、時には、本当にわたしを驚かせた」と、日曜日発行の彼のコメントのドイツ語原文によると、彼は付け加えた。
「わたしは、法的手段をとり、全国レベルで人々を追跡するというわたしたちの呼びかけが、より開かれた耳に届くことを望んでいた」。
(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:国連:ガザの戦争犯罪報告支持(11月08日)


posted by mizya at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。