2009年11月11日

イスラエル:ゴールドストーンへの拒否権を確実にするために同盟国と調整

Barak Ravid、Haaretz

 イスラエルが、ゴールドストーン報告に関する、アラブ諸国の決議に、安全保障理事会の拒否権を確実にするよう、米国、イギリス、フランスと調整すると、イスラエル閣僚はHaaretzに語った。

 リチャード・ゴールドストーンの委員会によって作成された報告は、イスラエルが、昨冬のガザでのカスト・リード作戦で、戦争犯罪を犯したと記述する。
 木曜夜、国連総会は、114ヵ国が安全保障理事会での議論に賛成票を投じ、報告を採択した。
 18ヵ国が反対、44ヵ国が棄権した。
 イスラエル当局は、安全保障理事会での議論が拘束力ある決議をもたらさないと信じている。
(後略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。