2009年11月16日

ムハマド・オスマンのための正義

2009年11月14日

何週間もの独房監禁。6つの軍事聴聞会。睡眠妨害。弁護士との接触なし。刑事告訴なし。

 War on WantとStop the Wallに関わる著名なパレスチナ人活動家、ムハマド・オスマンは、告訴もないまま、イスラエル当局により捕われている。彼の拘留は、違法であり、そして彼は今、拷問の危険に直面している。 わたしたちは今、彼を解放するための行動を取る必要がある。

 イギリス外務大臣に、英政府が、イスラエルにムハマドの即時解放を求め圧力を加えるよう促すべく書いてください。

http://www.waronwant.org/Freemohammadothman

 上記サイトにアクセスすると、文面は既に用意されていて、署名するのみ(氏名、メールアドレス、住所、国名はプルダウンで選択)
 ニッポン政府に同様の要求をするサイトはみつかっていないし、まあ、要求しても無駄かもしれないので、ともかくも既存のもので。

(後略)

全文:Palestine Think Tank

アーカイヴ:イスラエルはBDS運動に脅かされるか?(11月14日)


posted by mizya at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。